妻が不在のママ友付き合い[2話]クンニだけじゃ納まらない、生で入れさせて!

巨乳のママ

妻が不在のママ友付き合い

妻が出産のため実家に帰っている間に子どもの友達のママとセックスをしてしまうというお話です。

しかも生で中出し…

子どもが帰ってきそうなのに、セックスをするハラハラが癖になる作品です。

 

第2話 芦屋さん気持ちい?

のネラバレを紹介します。




無料試し読みしてみる
会員登録しなくても無料試し読みOK

 

妻が不在のママ友付き合い2話 エロシーン

2話のエロシーンはバックからの挿入です。

芦屋のおまんこはクンニされたせいで、もう充分に濡れています。

準備OKです。

 

宮上のチンポがすんなりと奥まで入っていきます。

 

バックから芦屋の腰をつかんで、芦屋のおまんこに挿入するシーンはワクワクしました。

しかも生です♪

 

急な展開でセックスになり、

 

しかも時間がありません。

短時間でチャッと終わらせなければいけません。

 

挿入を楽しんでいるわけにはいきません。

 

子ども達が帰ってくるので…

 

急いでセックスしているのは、イクためのセックスといった感じで動物を感じます。

 

口では抵抗している芦屋ですが挿入されて感じている姿に興奮します。

 




無料試し読みしてみる
専用アプリのインストールは必要ありません

 

妻が不在のママ友付き合い2話 ネタバレ

フェラされて射精した宮上。

 

口に出された他、床にも精液が飛び散っているのを見て迷惑そうにしている芦屋。

 

そんな芦屋の背中をドン!と押して四つん這いにさせると、

 

「セックスしよ」

 

そう言うと生のまま芦屋のおまんこにチンポを挿入する。

 

「やめて…」

 

という芦屋の声は無視して後ろから強くおっぱいを揉む。

 

くちゅくちゅ…

 

チンポがおまんこに入る音が響く。

 

芦屋のおまんこは濡れていてヌルヌルしている。

抵抗なくすんなりとチンポが奥まで入っていくと、後ろからきつく芦屋を抱きしめると激しく腰を動かす。

 

パンッ

 

パンッ

 

パンッ

 

大きな音が響く。

 

「子どもが帰って…きちゃう…」

芦屋は声を絞り出す。

 

そう言いながらも涙目になり、目はうつろ。

 

よだれをたらしながら他の男のチンポで感じる芦屋。

 

乳首をつままれ、クリトリスをスリスリされて意識が飛びそうなほど感じている。

 

最後には、

 

ダメッ…

 

イッちゃう…

 

そう言うと芦屋と宮上は同時に絶頂を迎える。




無料試し読みしてみる
3クリック・3秒で試し読み画面になります

 

妻が不在のママ友付き合い2話 感想

セックスしてしまいましたね。

しかも時間にすると15分の超慌ただしいセックスです。

 

最初は口で抵抗していた芦屋でしたが感じている姿がエロくて興奮しました。

涙を流して顔を紅潮させているシーンは気持ちがいいのがよくわかります。

 

抵抗しているものの、感じまくっている芦屋です。

 

途中からは正常位になってのセックスです。

 

「正常位でしよう」

 

という宮上の言葉にしんなり正常位になる芦屋でした。

もうセックスに同意しています。

 

愛撫などはほとんどなく、ただ挿入してイクという時短セックスでした。

 

子どもがそろそろ帰ってくるころだったので、すぐに終わらせる必要がありました。

それもありますが、宮上はかなりたまっていたので挿入してからもすぐに射精してしまってます。

妻が妊娠中であれば仕方ないですね…

 

我慢できないほどママ友とのセックスで感じたようです。

セックスが終わりパンツを履きながら、宮上は次のセックスを考えています。

 

「妻が帰ってくるまであと何回できるのかな…っ」

 

そう考えている宮上です。

芦屋とにセックスが最高だったのでしょう。

とっさの過ちを後悔するわけではなく、あと何回できるかなあ…と考えている宮上。

女性としては最低夫にしか見えません。

 

また子どもの目を盗んで中出しセックスをするんでしょうね(#^^#)




無料試し読みしてみる
激しいクンニシーンはこちらから